菓子店舗詳細

店舗情報

南光物産 株式会社

P1080667P1080641P1080675
 湯煙たなびく温泉街・別府市にある南光物産は伝統銘菓「さぼん漬」をはじめ、大分県の一村一品運動をリードする地場商品の開発・製造に取り組んでいる企業です。設立以来積み重ねてきた信頼とノウハウをもとに新商品の開発にも積極的で、別府ならではのお菓子を提案し続けています。
業種
和洋菓子
店舗名
南光物産 株式会社(なんこうぶっさん)[ 南光物産 株式会社 ]
所在地
〒874-0041大分県別府市北鉄輪1組-1
電話番号
0977-66-4151
ファックス番号
0977-66-4153
販売責任者
原口 嘉哲
公式HPなど
ホームページ

商品情報(1)

こだわりの逸品

ざぼん漬

ざぼん漬Z-001

 鹿児島県産の生ざぼんの皮を加工したお菓子です。生の素材を使っているだけに、さぼんのでき具合が商品を左右しますので、毎年鹿児島へ視察に出向き、品質の良いものを厳選して仕入れています。(1袋380円~)1個(本)あたりのお値段:380円(税込)

こだわりの技

 ざぼんの表皮を薄くむき実を抜き取ったあと、果皮のワタの部分を茹で一晩中水にさらしてあく抜きをします。その後、水飴と太白糖だけでじっくりと炊き上げるのですが、ほとんどの工程を手作業で行います。特に下茹でと炊き上げは味や食感を左右する重要な作業ですので、熟練の職人が天候・季節によって固さや時間を調整しています。

商品開発ストーリー

 もともと当社はざぼん漬を製造している4社が合併し、協業組合として昭和42年にスタートしました。当時、別府土産といえばざぼん漬というぐらいの活況で、ざぼん漬を製造している会社が30数社あったのですが現在は当社を含め数社となり、おかげさまでざぼん漬のシェアの60数%を当社が占めるに至っています。ざぼん漬自体は明治13年ぐらいに別府のお菓子屋さんが作り始めたという話を聞いたことがあります。当時は砂糖がない時代でしたので、とても高級なお菓子だったようです。

商品情報(2)

こだわりの逸品

ゆず一番

ゆず一番

 別府周辺で栽培されている柚子を使って作ったジャムを、ふんわりとしたブッセで包んだお菓子です。(8個入り630円~)1個(本)あたりのお値段:79円(税込)

こだわりの技

 原料の柚子の皮を仕入れて、ジャムづくりから自社で行っています。ジャムのなかに柚子の皮の粒を若干残すことによって食感にアクセントを加えています。ブッセの生地に関しましても天候や季節の変化に応じてこね方や焼き方を微妙に変えるなどして、品質にバラつきが出ないよう注意を払っています。

商品開発ストーリー

 40年近く前に商品化したのですが当時は「ゆずまん」という名称でした。このころ別府市内では柚子を使ったお菓子が、ざぼん漬と同様に別府の名産品として各店で売られていたようです。

オリジナルテーマ

お菓子に対する思い

 素材を大切に、自然の風味が生きた菓子づくりをこれからも行っていきたいと思います。特に柑橘系の素材を使ったお菓子づくりに関しましては、さまざまな独自のノウハウをもっていると自負していますので、そのノウハウを活かし新商品の開発にもますます積極的に取り組んでまいる所存です。

お客様からの声(評価)

 ざぼん漬に関しましては、昔からの別府名物ということで観光客の方が名指しで買いに来られることが多いです。おかげさまで多くのお客さまよりとてもジューシーで美味しいという評価をいただいており、通信販売でリピート購入される方もたくさんいらっしゃいます。

安全性について

 食品衛生上の安全に関しましては工場にスタッフが出入りする際のチェックはもちろんのこと、金属探知機を使っての商品チェックも行っています。また商品管理に関しましても工場内に空調ルームを設け、1年中同じ品質が保てるよう温度管理・湿度管理を厳格に行っている次第です。

おすすめの菓子店のご紹介

 同じ別府市内にある「かるかん堂中村家」さんです。昭和27年の創業以来、一貫して独特の風味をもつ別府ならではの“かるかん”を作り続けているお店です。